ブン

ブン

2018/07/0312:19 スポーツ
ワールドカップ(未解決の宿題、2点は金色の輝き)

こんにちはブンです。

ワールドカップベルギー×日本
ワクワクしましたね~。

前半は、耐えて0-0に押さえ。

2点目取った時と、3点目取られた時、
泣いてしまいました。

2006ワールドカップドイツ大会で
オーストラリアに1-3で逆転負けを食らった
ときに出された宿題、
「前線に長身の選手を置かれて前がかりに
なられたらどうするのか?」
ドイツ大会では2点目を取ろうとする前線と監督、
守りきろうとする守備陣の意識の乖離が
中盤の穴を生み、壊滅。

今回は2点差から、同じ戦術を継続する
「打ち合い上等」の西野監督らしく、
3点目を取るというメッセージをみんなで
共有しながらも、
3点目が届かず、ラストプレイ、
ベルギーで最も重要な
選手デ・ブライネをフリーにしてしまい、
スルーパスを通されて試合終了。

「ワールドカップでリードしていて、
前線に長身の選手を置かれて前がかりに
なられたらどうするのか?」
12年前に出た宿題を未解決のまま
だったことに気づかされ。

あと、ワールドレベルのキーパーの育成も。
川島が悪いのではなく、
川島しか海外で戦っていないため、
経験値という面で選択肢は他にないことが
問題。
日本の選手層を厚くする必要が。
(NHKに出ていた山口瑠伊選手は
既に海外に)

ついネガティブなことばかり言ってしまいましたが、
この試合の2点の価値は、過去のどの試合よりも
輝いています。
原口が決めたゴールは
ワールドカップ決勝トーナメントで
日本代表が決めた
初めての得点ですよ。
2点目乾のもビューティフルなゴールですよ。
両方ともセットプレーじゃないのも
日本らしくて最高でした。

「ベルギー相手にこんなことができるんだ!」と
とても日本代表を誇らしく思ったブンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブン

モットー:

スタッフ一覧
本社
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
O.Cブログ一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
本社
アーカイブ
pagetop