ブン

ブン

2017/08/3122:57 スポーツ
やったねサッカー日本代表、そして。

こんばんは、ブンです。

 

やりましたねー、日本!

 

オーストラリアに2ー0!

 

この試合はただ勝つというだけでなく、

ワールドカップドイツ大会の

3ー1のトラウマを払拭させてくれる

勝利でもあり、

完勝を実感させた井手口の2点目は、

その意味で、日本サッカー界にとって

意義の深い得点だったと思います。

 

2点目とってからの

至福の時間は、

アフリカワールドカップ

対デンマーク戦以来の気がします。

 

兎にも角にも

おめでとうニッポン!

 

追記)

MOMは井手口だとは思いますが、

個人的には乾にあげたいです。

乾が「日本代表の魂」を表していたように思います。

日韓ワールドカップでいうところの鈴木の

先制点のような役割を。

コメントの「全てをかける」を体現していました。

ドリブルが流れてうまくいかなくても、

スタミナがゼロになるまで、

前線からボールを追いかけ続けた。

2点目を引き出した原口のあの泥くさいパスも、

乾のプレーが引き継がれたように

感じました。

 

そしてハリルホジッチ監督。

以前も言いましたが、

選手のコンディショニングを含めた

実力を考慮しての人選、

それもコンディショニングにどちらかといえば

重きを置く

「今まで知名度を含む実力でしか

選手を選んでいなかった」監督とは

別次元の采配を見せたように思いました。

(なのでたまたま当たった感のある

「采配ズバリ」という表現には違和感を感じます)

と同時に「ワールドカップ本戦に向けては、

4-1-4-1が日本に

一番合っているシステムでは?」と

思ってしまったブンです。

 

 

【過去記事】

■2018ワールドカップ

サッカー日本代表 ワールドカップ予選 ×UAE

 

■2014ワールドカップ

監督の資質

 

2014年の構成

 

サッカーアジアカップ韓国戦、勝負師としての才覚。

 

■2010ワールドカップ

まもなく宴もフィナーレたけなーわ!

 

日本サッカーは、どの山に登るのか?

 

蹴った瞬間ああ入るなと思った

 

マラドーナのトラップ。

 

ワールドカップで、異端を飲み込む

 

サッカー日本代表を応援しています。

 

異端の覚醒、代表の行方。

 

W杯予選 日本×オーストラリア

 

 

 

 

ブン

モットー:

スタッフ一覧
本社
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
O.Cブログ一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
本社
アーカイブ
pagetop