ブン

ブン

2012/02/1715:42 その他
3度目のハーフマラソン(後)

和歌山で行われた紀州口熊野マラソンに

参加。

 

レースプランは、

最初の15キロを、1キロ6分ペース。

最後の6キロで、スパートをかける。

120205_1015~0001.jpg

それにしても、信号がない。

田舎道をゆく。

天気は3日前の冷え込みが

嘘のように快晴。

 120205_1021~0001.jpg

身軽な格好で、

走っていて気持ちいい。

 

こうやって知らない街を

駆けてゆく。

 120205_1022~0001.jpg

こんな機会がなければ、

熊野へ来ること

なかったかも、

まして走ることなんて。

 

そう思うと

不思議で、

楽しい気分になる。

120205_1026~0001.jpg

↑上の真ん中の人の背中には、

「私を写メしたら割引します!」との文字。

カラオケ店‥。

商魂たくましい‥。

 

レースなので、

闘争心がハイペースを

要求する。

練習量を思い出して、

それをおさえる。

 

地元の中学生3人が走っている。

3人とも丸坊主、野球部員か。

1人が、

「俺ちょっと見てくるわ」

と言って猛ダッシュで

先へ行く。

(何を見に行ったのかはわからず)

 

そして300M先で立ち止まって
あとの2人を待っている。

 

「あの…後半つらいですよ、
そんなことしていると」
とアドバイスしてあげたいが、
もちろん口に出すことはない。

道路は走る人でいっぱい。

しかしこれは交通規制しているのか?

たまに車がとおったりする。

 120205_1100~0001.jpg

途中からは川沿いのコースを行く。
沿道には断続的にではあるけれど

応援してくれる人がいる。

そして、 その比率。

おじいちゃん、おばあちゃんが多い。

みなさん拍手を声援をおくってくれる。

この大会に温かみをあたえる。

 

10キロのタイムは、

59分。

 120205_1108~0001.jpg

とびだしたいキモチを

こらえて、

淡々と一定ペースをきざむ。

 

途中でうれしい給食コーナー。

1度目はバナナをもぐもぐ。

 

2度目はあんぱんぽいのをモグモグ‥

 

 

 

ちがう、あんぱんじゃなくてバターロール。

 

口の中、パッサパサ。

 

 

15キロ。

あと7キロ。

 120205_1109~0001.jpg

ラストスパートを開始。

 

温存していたので、

ぬかれることはない。

気持ちよく走る。

 120205_1109~0002.jpg

くのいちさんを抜く。

 

ポケットに入れて

5キロごとに食べていた

最後の梅ぼしを食べて

さらに加速。

 

周りの声援を送ってくれる人にも

スター気取りで、

手を振り返す。

 

テンションをあげてはしる。

 120205_1114~0002.jpg

 

そしてゴール。

 

 

 

 

タイムは1時間53分。

 

自己記録を6分ほど更新。

 

 

 

熊野古道を走るわけではないけれど、

スターは中山さんもみれたし、

山奥で、アットホームで、いい大会でした。

こんどはフルをはしりたいです。

 

練習不足で、たいした記録更新には

ならなかったけれど、

自分がもっている力は

ほぼ発揮できたので、

満足。

 

靴下を脱ぐと、テーピングしていたひとさし指の爪が

右だけ血が出て真っ黒に。

走り方なのか、他の問題なのか、

次回への課題ができました。

 

 

また遠い所を帰るので、

着替えをさっと済ませ、

帰路につく。

 

 

そして、後で知る。

 

マッチこと、近藤真彦さんが

フルで走っていたことを。

(友達100人と‥‥すごい!)

 

本物のスターを見れず、

ちょっとくやしかったブンです

 

 

ブン

モットー:

スタッフ一覧
本社
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
O.Cブログ一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
本社
アーカイブ
pagetop