ブン

ブン

2011/11/0813:55 その他
大阪マラソン⑤とまるレイチェルさん達。

つづき 

14キロで、脚が痛くなったブン。

あと28キロどうしたものか?

省エネルギーで体力を温存するため、

とりあえずハーフ2回走って

使っている走法を採用。

それは、一定ペースで走る人の後ろを

ついてゆく

コバンザメ走法

早すぎず遅すぎず

いいペースのひとをみつけたので、

勝手にペースメーカーに任命、あとをついてゆく。

大阪マラソンは給水ポイントがたくさん。

5キロ毎にとて~も長い給水所(体感距離200メートル)が

設置されている。

ブンは歩みを止めたくないので、
走りながら給水。
すると、コバンザメの対象ペースメーカーさんが
歩いて給水している。

ん~一緒に歩くのはちょっと
趣旨に反するので、
やむなく違うペースメーカーさんをさがす。

今度はレイチェルさん(仮名)という
外国人女性ランナー。

なんとか見つけて、コバンザメのようについてゆく。
そして、再び給水所。

レイチェルさんも
立ち止まって給水している。
やむなく、また違うペースメーカーを
さがす。

またまた給水所。

ペースメーカーさん、
またまたまた止まって給水。

4人ほどペースメーカーにしたひとは
みんな給水所で止まってしまう。

勝手にペースメーカーに
しておいてなんですが、

「ペースメーカーは

止まらないで~」

と言いたくなりました。

生命の水を補給してくれるありがたい存在の
給水所も
「あんたがいるから、

この子が止まってしまうんよ」

ヾ(~∇~;) コレコレ

と大阪のおばちゃん風に
文句を言う。

宿主をたびたび帰るハメになった
コバンザメの気持ち、
わかったような気がしたブンです。

(つづく)

 

ブン

モットー:

スタッフ一覧
本社
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
O.Cブログ一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
中部・北陸エリア
東海エリア
関西エリア
四国・中国エリア
九州・沖縄エリア
本社
アーカイブ
pagetop